文字校正オプション

カレンダー日付データ校正

専門性の高いカレンダーの日付データの校正は、毎年400点以上のカレンダーデータ制作を手がける当社に安心してお任せください

ペンを持ち校正用の出力紙を一字一句チェック

カレンダーに特化させた当社独自の原稿(ノウハウ)を用いて校正を行なっています。カレンダーは、数字が並んでいるだけに思われますが、実は月・日・曜日・祝日・六曜など様々な要素から成り立つため、専門的な知識を必要とします。

カレンダーにある日付は通称「玉」と呼ばれており、校正の担当者は、ペンを持ち校正用の出力紙を一字一句チェックしていきます。また、文字のアキやツメも確認していきます。専門性の高いカレンダーの日付データの校正は、当社にお任せください。

※2020年は、ご入稿データの90%以上に間違いが見つかり、修正をしていただきました。

■校正の流れ

データ入稿後、校正担当者による日付校正を、刷版までに計3回以上行います。

■確認内容の対象

  • 年月日
  • 国民の祝日
  • 六曜
  • 曜日及び月の英語表記
  • 曜日及び月の日本語表記

■オプション料金

  • 校正費用:30,000円(税抜)/回
  • 1回の日付校正に、3営業日かかります。(追加納期3営業日)

■データに不備があった場合

間違いのある部分を記した校正紙を、メール及び発送にてお送りします。データを修正後、再入稿をお願いします。

※修正は行っておりませんので、あらかじめご了承ください。

■このオプションを指定する方法

商品ご注文時の「オプション」画面に「カレンダーの日付校正」ができますので、「利用する」をご選択ください。
画面が表示されない場合、対象外となります。

間違いの多い内容例

日曜日の色がそろっていません。

祝日内容が間違っています。

文字のアキが統一されていません。

校正イメージサービス

仕上がりイメージが分かる校正をご提出

仕上がりイメージがつかめる校正データ(確認用PDF)を提出いたします。
文字や名入れデータだけでなく、仕上がりの全体像が確認ができるので安心です。

入稿データ及び名入れ原稿を元に、名入れやデザインの入った製品イメージを作成し、校正データ(確認用PDF)をマイページにアップロードしメールを送信します。

ご確認いただけましたら、同ページにある「校了」「非校了」ボタンを選択しご指示をお願い致します。「非校了」を選択した場合、同時に「再入稿」ボタンが開きますので再入稿をお願いします。

■校正ご提出のタイミング

初校データは下記のタイミングでご提出致します。

完全データ入稿の場合
ご入稿日の
3営業日14:00まで
データ作成サービスの場合
ご注文の
3営業日以内

15:00が当日の締切時間となります。15:00以降は翌営業日の取り扱いとなりますのでご了承ください。

■全てのご注文が対象の0円サービスです。

校正イメージサービスは、全てのご注文が対象ですので、オプションを指定する必要はございません。
完全データ入稿の場合でも、データの再確認ができ便利です。
※無料です。

注意事項

  • 校正データ(確認用PDF)は仕上がりのバランスをイメージしていただくものですが、製本工程の都合上、名入れ位置の見え方が異なる場合がございます。
  • お客様のご覧になる環境(モニター設定や部屋の照明等)により実物と色味が異なります。

お任せ修正サービス

ご入稿のデータに問題が見つかった場合、弊社にて「おまかせ」で修正いたします。再入稿による納期の遅延を防ぐことができ便利です。

弊社は、全てのご注文商品対象で、仕上がりイメージの校正を確認ができる「校正イメージサービス」を実施しております。修正に状態がお客様のイメージと異なる仕上がりになる可能性もありますので、校正の確認をお願いします。

修正できる内容

カラーデータ、リッチブラック、グレースケール→1色変換 RGB→CMYK変換
(例)
  • モノクロ面にカラーデータが含まれる
  • 箔押しデータがリッチブラックで制作されている
    →K100%(黒)に変換して進行いたします。
カラーモードをRGBよりCMYKに変換
対象商品 既製品名入れ商品の名入れ部分(1色印刷及び箔押し名入れのみ) 既製品名入れ商品のカラー名入れ部分

※既製品名入れは、製作済みの商品に、ロゴや社名等を追加で印刷する商品です。

■オプション料金

  • 無料

■このオプションを指定する方法

商品ご注文時の「オプション」画面に「お任せ修正サービス」ができますので、「利用する」をご選択ください。
画面が表示されない場合、対象外となります。