印刷品質

230線を標準としたクリアな印刷

印刷業界において、オフセット印刷は175線が主です。しかし、当社では、さらに線数を引き上げた230線を標準として採用しています。230線の印刷は、従来の175線に比べて、網点が細かくより高精細な表現ができます。

オフセット印刷では、「網点」と呼ばれる細かい網状の点の集合で画像を表現しています。網点の大きさを変化させることで濃淡を表現し、CMYKそれぞれの網点を重ねることで色彩を表現します。1インチに網点が何個入るかの細かさを表したのがスクリーン線数です。この線数が高いほど再現性が上がり、きめの細かい表現が可能となります。

当社では、再現性と色の安定性を考慮した結果、230線を採用しました。線数をただ上げれば良いわけでなく、それによって起こる問題をクリアしていく必要があります。これには、製版・印刷システム全般の技術的な見直しが必要となり、印刷コストが上がるといった問題があり、線数を変更することは決して容易なことではありません。さまざまな高精細印刷に挑戦した上で、従来以上に高精細でコストの見合うものとして230線で印刷を行っています。

230線

230線

175線

175線

オフセット印刷とオンデマンド印刷の特徴と違いについて

印刷方法にオフセット印刷とオンデマンド印刷(デジタル印刷)をご用意しております。用途に合わせてご利用いただけます。

オフセット印刷

大量の印刷物作製や特色印刷にオススメです。

オフセット印刷は、大量の印刷物制作に向いています。オフセット印刷は、インクが紙にしっかりと密着するため印刷の仕上がりが高品質というメリットもあります。イラストや写真など、細部までクリアに表現できます。
また、DICカラーやパントーンなど特色を利用することできます。

オンデマンド印刷

可変印刷や小ロット印刷物作製にオススメです。

オンデマンド印刷は、小ロットの印刷物を低コストで制作できるのが強みです。また、IDや名前印字などのテキストや画像の可変印字もできます。デジタル印刷機による印刷方法で、の版を作る必要がないため、作業日数や工程が短縮され、短納期での納品が可能です。
当社は、Fuji Xerox製 Versant™ 3100 Pressを使用しています。