データ作成の注意点

データ作成の注意点をご案内します。

データの不備があった場合、再入稿していただくことになりますのでご確認をお願いいたします。

Illustrator

にてデータ作成

対応バージョン CC/CS

Photoshop

にてデータ作成

対応バージョン CC/CS

Excel にてデータ作成

対応バージョン 2013/2016

データの保存形式

作成データを下記のPDF形式に保存し、データが複雑の場合はZIP形式にまとめマイページよりご入稿ください。

作成データ

データが複数の場合

マイページより入稿

データ入稿はマイページよりアップロードできます。 ▶▶
カラー印刷の場合

データのカラーモードを Y ■K にしてください。

箔押しの場合

データを ■K100% で作成してください。単色になります。グラデーション・網掛けはできませんので、ご注意ください。

Illustratorの場合

Illustratorでのご入稿の場合、下記の点にご注意ください。
データの不備があった亜場合、再入稿していただくことになりますのでご確認をお願いいたします。

カラーモードはCMYKに!

カラー印刷のデータを作成する場合は、必ずCMYKでデータを作成してください。

通常、大半のデジカメ画像やTV等はRGBでフルカラーを表現していますが、印刷物ではCMYKの4色でフルカラーを表現しています。Illustratorのように印刷物のデータを作成するために開発されたアプリケーションでは、CMYKのカラーモードでデータを作成することが可能になっていますので、カラー印刷のデータを作成する場合は必ずCMYKでデータ作成を行ってください。

CMYKカラーモード RGBカラーモード CMYKカラーモード設定

オーバープリントは使用しない

K:100%のみオーバープリント(ノセ)処理を行い、それ以外のオーバープリントは全て解除してください。

画像の中に含まれるK:100%はオーバープリント処理の対象外となります。

オーバープリント

墨ノセ(ブラックオーバープリント)とは?

カラーの印刷物を印刷するときに、紙の伸縮等により各色の位置が合わない現象が起こります。
これを見当ズレと呼びます。見当ズレによる見栄えの悪さを防ぐためには、背景の色も印刷し、ブラックも重ねて印刷するようにします。
これを「墨ノセ」もしくは「ブラックオーバープリント」といいます。
その際、絵柄によってバックの画像が透けて見える場合があります。

墨ノセ

ケヌキ合わせ

塗り足しと裁ち落としについて

印刷物の仕上がりサイズの端に写真や絵柄、色などがかかっている場合、断裁機の僅かな位置ズレにより白場が見えてしまう現象を防ぐため、仕上がりサイズの外側(裁ち落としと呼びます)に3mm、はみ出すようにデザインを配置します。
これを 塗り足し と言い、仕上がりサイズの端まで印刷するデザインでは必ず必要なものです。

塗り足し・裁ち落とし

仕上がり線付近のレイアウトに注意

断裁機の僅かな位置ズレにより、印刷仕上り範囲付近にある文字やデザインは切れてしまう可能性があります。
切れて困る文字やデザインは印刷仕上り範囲より2〜3mm程、内側で作成してください。
また、仕上がり付近に罫線(枠)で囲んだデザインを配置した場合、罫線(枠)から仕上がりまでの余白が均等でない場合があります。

仕上がり線付近のレイアウト

フォント・ラインについて
  1. 小さい文字や画数の多い漢字、細い線や複雑なロゴは潰れる可能性がありますので内容を考慮し作成してください。
    Illustrator:7px(7pt)2.47mm以上の文字、0.65px(0.65pt)0.23mm以上の線
  2. 箔押しは、インクによる印刷とは異なり、グラデーションや網かけの表現は出来ません。データ上は墨ベタK:100%で作成してください。
  3. 箔押しの場合、カラーモードで作成したデータは、お受けできませんのでご注意ください。

フォント・ライン

箔押しデータの作成方法

箔押しデータは、必ず■K100%で作成してください。グラデーション・網かけはできません。単色になります。

箔押しデータ K100%に置き換え

PDFファイルの保存方法
  1. データ作成時、当社テンプレートをご使用のうえ、PDFファイルを作成してください。
  2. PDFファイル作成後は 必ずAdobe Acrobat ReaderでPDFデータを開き 問題がないかをご確認ください。
  3. データに不備が見つかった場合はメール又はお電話でご連絡をいたしますので、再度、入稿をお願いします。
  4. 「PDF/X-1a」もしくは「PDF/X-4」形式の入稿でお願いします。
  5. アプリケーションのバージョンが古く PDF/X-1a もしくは PDF/X-4 形式で保存できない場合は「高品質印刷」設定で保存 するようお願いします。ただし、PDF1.4以前になりますと日本語フォントを埋め込むことができない場合がありますのでご注意ください。
ファイル

Illustrator

① ファイル

「別名で保存」を選択

ファイル

② 別名で保存

ファイルの種類「Adobe PDF(※.PDF)」を選択し「保存」をクリック

Adobe PDF プリセットの選択

③ Adobe PDF プリセットの選択

ファイルの種類「Adobe PDF(※.PDF)」を選択し「保存」をクリック

Adobe PDF プリセット「PDF/X-1a:2001(日本)」もしくは「PDF/X-4:2008(日本)」を選択

※ CS3以降では[PDF/X-4:2007(日本)]、CS2以前は[高品質印刷]のPDFプリセットでオプションを
設定してください。

トンボ/裁ち落とし設定PDF保存

④ トンボ/裁ち落とし設定をし、PDF保存

「トンボ:☑トンボ」「裁ち落とし:☑ドキュメントの裁ち落とし設定を使用」に ✔チェックを入れて「PDFを保存」をクリック

※ CS3以前は、裁ち落とし設定がないので手動で3mm(または9pt)と設定します。

Photoshopの場合

Photoshopでのご入稿の場合、下記の点にご注意ください。
データの不備があった亜場合、再入稿していただくことになりますのでご確認をお願いいたします。

カラーモードはCMYKに!

カラー印刷のデータを作成する場合は、必ずCMYKでデータを作成してください。

通常、大半のデジカメ画像やTV等はRGBでフルカラーを表現していますが、印刷物ではCMYKの4色でフルカラーを表現しています。Illustratorのように印刷物のデータを作成するために開発されたアプリケーションでは、CMYKのカラーモードでデータを作成することが可能になっていますので、カラー印刷のデータを作成する場合は必ずCMYKでデータ作成を行ってください。

CMYKカラーモード RGBカラーモード CMYKカラーモード設定

オーバープリントは使用しない

K:100%のみオーバープリント(ノセ)処理を行い、それ以外のオーバープリントは全て解除してください。

画像の中に含まれるK:100%はオーバープリント処理の対象外となります。

オーバープリント

墨ノセ(ブラックオーバープリント)とは?

カラーの印刷物を印刷するときに、紙の伸縮等により各色の位置が合わない現象が起こります。
これを見当ズレと呼びます。見当ズレによる見栄えの悪さを防ぐためには、背景の色も印刷し、ブラックも重ねて印刷するようにします。
これを「墨ノセ」もしくは「ブラックオーバープリント」といいます。
その際、絵柄によってバックの画像が透けて見える場合があります。

墨ノセ

ケヌキ合わせ

塗り足しと裁ち落としについて

印刷物の仕上がりサイズの端に写真や絵柄、色などがかかっている場合、断裁機の僅かな位置ズレにより白場が見えてしまう現象を防ぐため、仕上がりサイズの外側(裁ち落としと呼びます)に3mm、はみ出すようにデザインを配置します。
これを 塗り足し と言い、仕上がりサイズの端まで印刷するデザインでは必ず必要なものです。

塗り足し・裁ち落とし

仕上がり線付近のレイアウトに注意

断裁機の僅かな位置ズレにより、印刷仕上り範囲付近にある文字やデザインは切れてしまう可能性があります。
切れて困る文字やデザインは印刷仕上り範囲より2〜3mm程、内側で作成してください。
また、仕上がり付近に罫線(枠)で囲んだデザインを配置した場合、罫線(枠)から仕上がりまでの余白が均等でない場合があります。

仕上がり線付近のレイアウト

フォント・ラインについて
  1. 小さい文字や画数の多い漢字、細い線や複雑なロゴは潰れる可能性がありますので内容を考慮し作成してください。
    Photoshop:30px(7.2pt)2.54mm以上の文字、3px(0.72pt)0.254mm以上の線
    (Photoshopは解像度によってフォントやラインのサイズが違ってきます。当社テンプレートは 解像度300dpi でご用意しております。下記の図を参考に作成してください。)
  2. 箔押しは、インクによる印刷とは異なり、グラデーションや網かけの表現は出来ません。データ上は墨ベタK:100%で作成してください。
  3. 箔押しの場合、カラーモードで作成したデータは、お受けできませんのでご注意ください。

フォント・ライン

箔押しデータの作成方法

箔押しデータは、必ず■K100%で作成してください。グラデーション・網かけはできません。単色になります。

箔押しデータ K100%に置き換え

PDFファイルの保存方法
  1. データ作成時、当社テンプレートをご使用のうえ、PDFファイルを作成してください。
  2. PDFファイル作成後は 必ずAdobe Acrobat ReaderでPDFデータを開き 問題がないかをご確認ください。
  3. データに不備が見つかった場合はメール又はお電話でご連絡をいたしますので、再度、入稿をお願いします。
  4. 「PDF/X-1a」もしくは「PDF/X-4」形式の入稿でお願いします。
  5. アプリケーションのバージョンが古く PDF/X-1a もしくは PDF/X-4 形式で保存できない場合は「高品質印刷」設定で保存 するようお願いします。ただし、PDF1.4以前になりますと日本語フォントを埋め込むことができない場合がありますのでご注意ください。
ファイル

Photoshop

① ファイル

「別名で保存」を選択

別名を付けて保存

② 別名を付けて保存

ファイルの種類「Photoshop PDF」を選択し「保存」をクリック

Adobe PDFを保存

③ Adobe PDFを保存

Adobe PDF プリセット「PDF/X-1a:2001(日本)」もしくは「PDF/X-4:2008(日本)」を選択し「PDFを保存」をクリック

※ CS3以降では[PDF/X-4:2007(日本)]、CS2以前は[高品質印刷]のPDFプリセットでオプションを設定してください。

Excelの場合(Microsoft Officeデータ)

Excelでのご入稿の場合、下記の点にご注意ください。
データの不備があった亜場合、再入稿していただくことになりますのでご確認をお願いいたします。

フォントやレイアウト、修繕系機能について

Office系アプリケーションでは、データ作成時に使用したフォントが出力側(当社側)に無い場合、異なるフォントに置き換えられてしまいます。ご入稿していただく際は、文字の形状やレイアウトが崩れ、制作側で見たイメージと違う印刷物に仕上がる場合がございますので、フォントを埋め込んだPDFファイルでご入稿ください。
また、Office 系アプリケーションには様々な修飾機能がございます。
テクスチャ・パターン・透明効果など修飾系機能の中には機能自体が無効になったりイメージが大幅に変わる恐れがございます。

修飾系機能

※ 修飾系機能をご使用の際は、当社よりマイページの「ご注文履歴」にアップロードします確認用PDFをよくご確認ください。

色の変換について

カラーを指定する場合、Office系アプリケーションでは全て光の三原色のRGBで指定しますが、印刷用データでは、色の三原色であるシアン・マゼンタ・イエローにブラックを追加したCMYKで指定します。この2種類のカラースペースの特性上、RGBの方が表現可能域が広いため、印刷用データに変換してCMYKにする際、特に彩度の高い色で激しく色調が変わり、くすんだ感じになってしまいます。
これは、再現性の違いですので、あらかじめご了承ください。

カラーチャート

※ Microsoft Office Wordで作成したカラーチャートをRGB→CMYKへ変換。それぞれの違いをご確認ください。

仕上がり断裁で文字や画像が切れないための注意点

文字や絵柄が印刷物の端までデザインされている場合、仕上げ断裁をすると切れてしまう恐れがありますので、切れては困る文字やオブジェクトは仕上り(断裁)線より2〜3mmほど内側に配置するようにお願いします。

仕上り文字

フォントの埋め込み方法(Office2003以前のPDF作成方法)

【フォントの埋め込みとは?】

※ PDFデータでの入稿の場合の不具合です。

当社対応フォント(書体)以外のフォントをご使用されている場合は、自動で異なるフォントに置き換わり、レイアウトが崩れたり文字化けを起こす可能性がございます。

ここではよくご利用をいただくPDF書き出しソフトのフォントの埋め込み方法についてご紹介いたします。

ファイル→印刷→プリンタ名

Adobe PDF(Acrobat)

① ファイル → 印刷 → プリンタ名を「AdobePDF」に変更 → プロパティ

プリンターのプロパティ

② プリンターのプロパティをクリック

AdobePDFタブ

③ 「AdobePDFタブ」を開きPDF設定で「高品質印刷」を選択してください。

( セキュリティ設定はしないでください。)

→「編集」をクリック

AdobePDFタブ

④ 画像オプションより「カラー画像」「グレースケール画像」「白黒画像」のダウンサンプルをそれぞれオフにします。

フォントオプション

⑤ フォントオプションより「すべてのフォントを埋め込む」「サブセットの全フォントに対する割合:100%」それぞれにチェックを入れます。

カラーオプション

⑥ カラーオプションより「Adobeカラー設定」をなしに「カラーマネージメントポリシー」をカラー変更なしに設定します。

規格オプション

⑦ 規格オプションより「準拠する規格」を無しに設定します。

フォントが埋め込まれているかの確認方法

  1. PDFを開き「メニュー」→「プロパティ」→「フォントタブ」を選択してください。
  2. 使用されているフォント一覧が出てきます。
  3. →フォント名の後に”埋め込みサブセット”と書かれていればフォントが埋め込まれた状態となります。

メニュー→プロパティ→フォントタブ

ご入稿前には、必ずプレビューをご確認ください。

箔押しデータの作成方法

箔押しデータは、必ず■K100%で作成してください。グラデーション・網かけはできません。単色になります。

箔押しデータ 黒に置き換え

PDFファイルの保存方法

Microsoft Office2007では、PDF出力のためのアドインがMicrosoft社より無償で提供されております。

このアドインをインストールすることでoffice2007アプリケーションからPDFファイルを作成し出力、保存することができるようになります。

Microsoft Office2010ではPDF保存機能が標準で搭載されておりますので下記手順よりPDF保存をすることができます。

名前を付けて保存

Office(2007以降)

① アドインのインストール後、office2007アプリケーションのメニュー→「名前を付けて保存」に追加された「PDFまたはXPS」をクリックします。

(アプリケーションによって名称は異なります)

ファイルの種類の項目

② 保存先を尋ねるダイアログが表示されます。保存場所と任意のファイル名を指定して、ファイルの種類の項目が「PDF(*.pdf)」となっているのを確認してください。

「フォントの埋め込み」をする場合は「オプション」をクリックし、③へ進んでください。

※ 最適化の「標準」に ✔チェックがされているか確認してください。
(最小サイズですと画質が悪くなりますので注意してください。)

オプション

③「フォントの埋め込み」

オプションのダイアログの下方にある「ISO 19005-1 に準拠(PDF/A)(1)」に ✔チェックを入れます。

設定を確認後「OK」をクリックし、ウィンドウの「発行」を押すと指定した保存先にPDFファイルが作成されます。

※ 作成したPDFファイルを一度プレビューすることをお勧めいたします。

Office2003以前のバージョンでPDF化する場合

  1. Office2003以前のものは PDF作成ソフト(PDFプリンター)からPDFファイルを作成することができます。
  2. PDF作成ソフト(PDFプリンター)によっては細かな設定が出来ない場合がございますので「印刷用」「高品質」「Press」「High Quarity」などの設定(プリセット)を選択してください。

ご確認をお願いいたします。

・フォントを埋め込む

・黒100%で作成(カラー変換しない)

PDFファイル入稿の利点

PDFファイルで入稿すると、印刷用データ変換する際のトラブル、パソコン環境の違い等で体裁が崩れたり違う書体に置き換わってしまう等の問題を防ぐことができます。

PC環境を選びません。

  1. 機種やOSの環境、アプリケーションのバージョンなどを気にする必要がありません。

フォントの埋め込みが可能です。

  1. データ入稿のフォントのアウトライン化が必要ありません。

入稿前の簡易チェックが可能です。

  1. Adobe Acrobat Readerを使って入稿前の確認ができます。

データサイズが軽くなります。

  1. 画像データの解像度を調整できるため、ファイルサイズをコンパクトにできます。

リンク画像の添付が不要です。

  1. 入稿前にデザインで使用している画像ファイルを添付する必要がありません。渡し漏れもおこらず画像の埋め込み作業も不要です。

【注意事項】

  1. データ作成時、当社テンプレートをご使用のうえ、PDFファイルを作成してください。
  2. PDFファイル作成後は 必ずAdobe Acrobat ReaderでPDFデータを開き 問題がないかをご確認ください。
  3. データに不備が見つかった場合はメール又はお電話でご連絡をいたしますので、再度、入稿をお願いします。

ご注文の手順

会員登録、ご注文、データ入稿、商品お届け
ご利用ガイドをみる