製本工場|デジタル工場見学

製本工場

国内トップクラスのカレンダー製本設備を有し、年間1200万冊以上のカレンダーを生産します。これは国内生産率約7%にあたります。
タンザック製本機・リング製本機をはじめ20台程度の製本機を所有しており、13万冊/日以上の生産能力を誇ります。主要製本機にCCDカメラや品質検査装置を設け、多角的な監視により不良品ゼロへの取り組みを行なっています。

製本工場

STEP
01

中綴じ機

中綴じ製本を行います。パンフレットや広報誌、カレンダーやノートなどに利用されます。当社では紙の厚さ制限はありますが、本文4鞍+表紙で最大68ページまで対応が可能です。
CCDカメラで乗せ間違いによる絵柄の違いを検知して機械が停止します。その他にも厚み検知や針金落ち検知、丁合ズレ検知が設置されており、あらゆる検知方法で不良品を取り除くことができます。

中綴じ製本見本

中綴じ製本見本

中綴じ機

中綴じ機(OSAKO製)

STEP
02

折機

折機

2つ折、3つ折、4つ折、8つ折、蛇腹折、観音折など様々な折加工に対応しています。特に4つ折や8つ折は8P折、16P折と言われ中綴じ製本にも関わりがあり、自社一貫生産にも繋がっています。

STEP
03

ミシン機(パーフェクトミシン)

カレンダーの破り部、伝票の切り取り線などにミシン目が必要です。
当社ではB2サイズまでミシンを入れることが可能です。また通常のミシン加工の他に「T字」ジャンプミシンも可能です。従来、型抜き及び活版やラインミシン機でしか加工できなかったジャンプミシンが、止ミシンがコンピューター制御で部分的にミシンホルダーを上下させることにより加工できます。

ミシン見本

ミシン見本

STEP
04

A倍判裁断機

A2横サイズまで製本可能

A倍判までの断裁が可能です。用紙の厚さや材質により圧力を調整します。また 印刷時の用紙のズレ等自動で調整し確実な断裁を行います。

STEP
05

断裁機

卓上カレンダー等の小さい印刷物を断裁します。

STEP
06

丁合機

印刷されたカレンダーを正しい順番に揃える丁合という作業を行います。
ここでは主に卓上カレンダーの丁合を行います。

CCDカメラで混入を防ぐ

丁合機にCCDカメラを設置し監視することで、他の印刷物の混入を防ぎます。

2枚取り「ゼロ」へ

厚み検知機にて、2枚取りや取り抜けなどを検知します。

タンザック工場

壁掛けカレンダーの製本を行います。タンザック製本は、以前は金具で綴じられていたヘッダー部分に厚紙を使用します。地球環境に優しいリサイクルができるエコな製本方法です。
また、ヘッダー部分が厚紙のため社名等を印刷することも可能です。当社では、小さいサイズはもちろんA2サイズ横の大型サイズまで幅広いタンザック製本が可能です。

STEP
01

タンザック製本機

タンザック製本機

タンザック製本機

タンザック製本機は5台を保有し、その生産能力は12万冊/日と国内トップクラスを誇ります。A2横サイズまで製本可能です。丁合は15段まで可能で、あらゆるカレンダー製本にも対応できます。

不良品ゼロへの取り組み

あらゆる角度から製品を監視することにより、不良品を完全に排除します。

タンザック製本機

タンザック製本中

CCDで混入を防ぐ

丁合機にCCDカメラを設置し監視することで、他の印刷物の混入を防ぎます。これにより他の月の混入などが防げます。

乱丁落丁を確実に検知

印刷の際にバーコードを印刷します。丁合の際、これを読み取ることで乱丁・落丁を正確に検知し、不良品を取り除くことができます。

中綴じ機

タンザック製本中

2枚取り「ゼロ」へ

全てのタンザック製本機に厚み検知機を設置し、製本の際の2枚取りや取り抜けなどを検知して不良品を確実に取り除きます。

STEP
02

金具製本機

鉄板を留具にした、昔から多く見られるカレンダーの製本方法です。

STEP
03

製本工場A 丁合機

印刷されたカレンダーを正しい順番に揃える丁合という作業を行います。
ここでは主に壁掛けカレンダーの丁合を行います。数量管理での乱丁・落丁防止に加え、専用のバーコードリーダーやカレンダー1冊ごとの厚み検知を実施し、最終的には目視による検品を行います。丁合のとれたカレンダーは、製本工程へと移行します。

タンザック丁合機

リング製本工場

卓上カレンダーやリングノートに用いられるリング製本を行います。
当社では卓上カレンダー等に対応できるツインリング機を7台保有しており、生産能力は3万冊/日と大量生産も可能です。さらに環境に優しくリサイクル可能な紙製のペーパーリング機も保有しております。

STEP
01

ツインリング製本機

大量生産が可能な卓上カレンダーの主力です。
ツインリング製本は、カレンダーのヘッダー部分をツインリングで綴じます。壁掛けカレンダーや卓上カレンダーの他に、ノートやメモ帳など用途は様々です。
当社では、ツインリング機を7台保有し、その生産能力は3万冊/日に上り、大量生産が可能です。

STEP
02

リング部分が厚紙でできたエコ製本です。紙素材で出来たペーパーリングは従来の金属製の綴じ具と違い、分離することなく一体リサイクルが可能です。 最終処分しやすいだけではなく、紙の質感もやさしく、子供の文具など用途も様々です。当社ではペーパーリング機を2台保有しています。

中綴じ製本見本

ペーパーリング製本

STEP
03

自動穴あけ機

断裁された印刷物にリングを通すための穴あけ加工を行います。

自動穴あけ機

DTP室

DTP室|デジタル工場見学

CTP室

CTP室|デジタル工場見学

印刷工場

印刷工場|デジタル工場見学

製本工場

製本工場|デジタル工場見学

倉庫棟と中通路