CTP室|デジタル工場見学

CTP室

STEP
01

CTP

オフセット印刷をするための刷版を出力します。
DTP部門で作られたデジタルデータを刷版に直接焼き付ける機材です。

CTP

環境に優しい刷版を使用

刷版には現像工程不要の、完全無処理プレートを使用しています。薬品を使わず廃液も出ない環境に優しいシステムです。またこの刷版はカーボンオフセット認証を受けたカーボンゼロプレートのため、CO2削減にも貢献しています。

CTP1

版を搬送するオートローダーからレコーダーへ版が送られます。



CTP2

レコーダーで焼き付けが行われた版が排出されます。版をよく見ますとうっすら絵柄が見えます。

STEP
02

カレンダー名入れ版工程


名入れの製版用フィルムを出力しています。このフィルムを版に乗せ、PS版焼付機(焼き枠)で焼き付けを行います。

A|サーマルディジプレーター TDP-459Ⅱ

DTP部門から送られたカレンダーの名入れ版データを刷版や製版フィルムに出力します。
トナーもインクも使わない、現像工程不要の完全プロセスレスの出力機で環境負荷低減に貢献します。

B|PS版焼付機(焼き枠)

製版工程で作成したフィルムを、PS版と密着露光します。するとPS版上に塗布された感光材がフィルムの透明部分では感光し、黒化した画線部分では感光せず、フィルム上の画線がそのままPS版上に転写されます。

焼付機
カレンダー名入れ版工程

C|PS現像機

PS版焼付機で露光した刷版をこの機械に通し処理することで名入れ版が完成します。

DTP室

DTP室|デジタル工場見学

CTP室

CTP室|デジタル工場見学

印刷工場

印刷工場|デジタル工場見学

製本工場

製本工場|デジタル工場見学

倉庫棟と中通路